カラコンの手入れ方法

カラコンの手入れ方法で特に注意することは、手を石鹸で清潔にしてから洗浄を始めることです。汚れた手のままでは、汚れが移動してしまい洗浄しても完全にきれいにすることができなくなります。用意するものは、カラコン専用の洗浄保存液とたんぱく除去剤です。手入れ方法の注意点として、レンズに傷をつけないように優しく丁寧にこすり洗いを行うことです。この時、一方の方向へむけてこすります。こすり洗いの後は、すすぎを行い、保存液を入れたケースで保存します。たんぱく除去は、1週間から2週間に1回程度の頻度で行うことが目安です。

お手入れには注意が必要です

カラコンのお手入れには、十分に注意が必要です。1日使い捨てタイプのものは外したら廃棄すれば良いのですが、それ以外のものは、しっかり正しい洗浄、保存を行わないと目に悪影響が出てしまうことがあります。通常、コンタクトレンズを初めて使う場合、眼科で取り扱いの説明をきちんと受けます。しかし、カラコンは雑貨店で購入できるため、正しい洗浄方法を知らないまま使っている人が多くいます。洗浄には、MPSという1本で洗浄、すすぎ、保存ができる液を使います。液をたっぷり使ってしっかり洗いましょう。注意深くお手入れをすれば、安心して使うことができます。ずぼらだなぁ、と思う人は1日使い捨てを使用し、正しく使えていても目に異常を感じたら眼科を受診しましょう。

カラコンのお手入れ情報

↑PAGE TOP